鳥取県西伯郡南部町(とっとりけんさいはくぐんなんぶちょう)行政サイトは、町内の情報・行政情報・くらしの情報をお届けしています。

鳥取県西伯郡・南部町行政サイト

RSS
文字サイズ

この情報は【総務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/総務課 TEL 0859-66-3112 FAX 0859-66-4806

この情報は【税務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/税務課 TEL 0859-66-4802

この情報は【町民生活課】が担当しています。

法勝寺庁舎/町民生活課 TEL 0859-66-3114
天萬庁舎/町民生活課 TEL 0859-64-3781

この情報は【建設課】が担当しています。

法勝寺庁舎/建設課 TEL 0859-66-3115
南部町農業者トレーニングセンター/地籍調査室 TEL 0859-64-3784

この情報は【上下水道課】が担当しています。

法勝寺庁舎/上下水道課 TEL 0859-66-4807

この情報は【企画政策課】が担当しています。

法勝寺庁舎/企画政策課 TEL 0859-66-3113

この情報は【議会事務局】が担当しています。

法勝寺庁舎/議会事務局 TEL 0859-66-4804

この情報は【出納室】が担当しています。

法勝寺庁舎/出納室 TEL 0859-66-4801

この情報は【選挙管理委員会】が担当しています。

法勝寺庁舎/選挙管理委員会 TEL 0859-66-3112

この情報は【産業課】が担当しています。

天萬庁舎/産業課 TEL 0859-64-3783

この情報は【農業委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/農業委員会事務局 TEL 0859-64-3792

この情報は【南部町公民館】が担当しています。

南部町公民館 TEL 0859-64-3782

この情報は【教育委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/教育委員会事務局 TEL 0859-64-3787

この情報は【健康福祉課】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/健康福祉課 TEL 0859-66-5524 FAX 0859-66-5523

この情報は【福祉事務所】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/福祉事務所 TEL 0859-66-5522 FAX 0859-66-5523

1月1日(火)

[ 全 域 ]
 朝(午前9時)

年頭にあたり、町長よりご挨拶申し上げます。

皆さま新年あけましておめでとうございます。
平成20年の年頭にあたりまして、町民各位のご健勝とご多幸を心からご祈念する次第であります。

昨年は参議院選挙が行なわれましたが、与党の歴史的な敗北となり、安倍総理が退陣され、福田内閣が発足いたしました。
衆参のねじれ現象によって国政の先行き不透明な状況が続いておりますが、県内におきましては、片山知事の後任に平井知事が誕生し、新しい県政がスタートいたしました。
国政の方向を見定め、県政との協調の中で、南部町の発展を期して参りたいと決意しておりますので、引き続き格別のご協力を賜りますように宜しくお願い申し上げます。

さて、合併して4年目の春を迎えましたが、目玉事業として取り組んだ大型事業も完了し、町民各位のご理解とご協力のもとで、新生南部町が発展しつつあることを大変うれしく思っております。

昨年の春開局しました南部SANチャンネルでありますが、6月からは議会中継も始まり、町政が身近な茶の間の話題となりましたし、町内のさまざまなイベントも紹介され、町づくりへの関心が飛躍的に高まったものと喜んでおります。
今後におきまして、出来るだけ多くの皆さまにSANチャンネルに出演していただいて、愛され、暮らしに役立つ町民チャンネルとして、充実を図っていきたいと考えております。

また、7月には町内7地域において地域振興協議会が発足いたしました。
地方分権の時代を迎えて、住民の皆さんと町が、協働してさまざまな課題の解決を図り、明るく元気の良い、子どもや孫に誇れる町を作っていこうとするものであります。
発足したばかりですが、それぞれに特徴的な取り組みもスタートしています。
併せて集落の未来、地域の未来について計画づくりがスタートしました。
じっくりと時間をかけていただき、皆の参加で納得できる計画づくりを進めてまいりましょう。

前段で申し上げましたように、国政の不透明な状況の中ではありますが、県政との協調の中で、住民の皆さま方の暮らしを支える行政の役割をしっかり認識し、さまざまな施策を講じて町の発展を期してまいりたいと考えております。
引き続きまして、格別のご指導ご鞭撻、ご協力を賜りますように、お願い申し上げます。

暮れから寒波に見舞われて、寒い正月を迎えましたが、皆様にはどうぞ健康に十分注意されて、元気でこの年をご活躍の中に過ごされますことを願いまして、年頭のご挨拶といたします。