鳥取県西伯郡南部町(とっとりけんさいはくぐんなんぶちょう)行政サイトは、町内の情報・行政情報・くらしの情報をお届けしています。

鳥取県西伯郡・南部町行政サイト

メニュー
RSS
文字サイズ
HOME町民生活課国民年金について保険料について

この情報は【総務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/総務課 TEL 0859-66-3112 FAX 0859-66-4806

この情報は【税務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/税務課 TEL 0859-66-4802

この情報は【町民生活課】が担当しています。

法勝寺庁舎/町民生活課 TEL 0859-66-3114
天萬庁舎/町民生活課 TEL 0859-64-3781

この情報は【建設課】が担当しています。

法勝寺庁舎/建設課 TEL 0859-66-3115
法勝寺庁舎2F/地籍調査室 TEL 0859-36-8555

この情報は【上下水道室】が担当しています。

法勝寺庁舎/上下水道室 TEL 0859-66-4807

この情報は【企画政策課】が担当しています。

法勝寺庁舎/企画政策課 TEL 0859-66-3113

この情報は【議会事務局】が担当しています。

法勝寺庁舎/議会事務局 TEL 0859-66-4804

この情報は【出納室】が担当しています。

法勝寺庁舎/出納室 TEL 0859-66-4801

この情報は【選挙管理委員会】が担当しています。

法勝寺庁舎/選挙管理委員会 TEL 0859-66-3112

この情報は【産業課】が担当しています。

天萬庁舎/産業課 TEL 0859-64-3783

この情報は【農業委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/農業委員会事務局 TEL 0859-64-3792

この情報は【南部町公民館】が担当しています。

南部町公民館 TEL 0859-64-3782

この情報は【教育委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/教育委員会事務局 TEL 0859-64-3787

この情報は【健康福祉課】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/健康福祉課 TEL 0859-66-5524 FAX 0859-66-5523

この情報は【福祉事務所】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/福祉事務所 TEL 0859-66-5522 FAX 0859-66-5523

保険料について

保険料について

 

保険料と納付

 第1号被保険者は、毎月の保険料を納めなければなりません。保険料を納めずに未納のままにしておくと、障がいや死亡といった不慮の事態が発生した場合、障害基礎年金・遺族基礎年金が受けられなかったり、老齢基礎年金を将来的に受けれない場合があります。

保険料

  • 定額保険料 ・・・ 1ヶ月 16,410円 (令和元年度)
  • 前納割引制度(現金払い前納) ・・・ 保険料を6ヵ月分、1年間分、2年間分の保険料を現金で前払いすると、割引きが適用される制度です。6ヵ月現金前払いは800円、1年間分現金前払いは3,500円、2年間分現金前払いは14,520円割引されます。
  • 前納割引制度(口座振替前納)
    <令和元年度の振替方法別割引額>
    振替方法

    1回あたりの
    納付額

    割引額

    2年分に換算
    した割引額

    振替日
    2年前納 379,640円 15,760円 5月7日
    1年前納 192,790円 4,130円 8,260円 5月7日
    6カ月前納 97,340円 1,120円 4,480円

    5月7日
    10月31日

    当月末振替
    (早割)

    16,360円 50円 1,200円 当月末

    翌月末振替
    (割引はありません)

    16,410円 なし なし 翌月末

    ※前納制度は、事前申し込みが必要な場合がございます。日本年金機構にお問い合わせください。

  • 付加保険料(希望者のみ) ・・・ 定額保険料 + 1ヶ月 400円

納付方法

  • 口座振替
  • 納付書 (各金融機関、コンビニで納付可)
  • クレジット納付 (年金事務所で手続きが必要)
  • 電子納付 (金融機関にて手続きが必要)
    納付期限は、各月分とも翌月の末日です。 

※ 支払った保険料は、年末調整や確定申告といった税の申告をする場合、社会保険料控除の対象になります。

保険料の免除

 所得が少ないなど、保険料を納付することが難しい時には、「国民年金保険料免除・納付猶予」の制度があります。免除制度には、法定免除と申請免除の2種類に分かれます。

法定免除 

  • 届出により該当期間の保険料の全額が免除される人
     ・生活保護法による生活扶助を受けている人
     ・障害年金1・2級を受給している人など

申請免除

  • 申請により、1年間の保険料の全額、4分の3、半額、4分の1が免除される人
     ・前年の収入が少ない
     ・天災・事業の廃止、失業などで保険料を納めるのが困難な人

※申請免除を受けるには、本人・配偶者・世帯主の前年の所得(収入)状況により、国が判定し、承認されることが必要です。

※受給資格期間には算入されますが、受け取る年金額は免除の段階に応じて減額されます。

保険料を全額納めたときと比べた年金額
 

納付額

年金額

全額免除 0円 2分の1(平成21年3月分までは1/3)
4分の3免除

4,100円

8分の5(平成21年3月分までは1/2)
半額免除 8,210円 8分の6(平21年3月分までは2/3)
4分の1免除 12,310円 8分の7(平成21年3月分までは5/6)


※退職(失業)を理由として申請をされる場合は、雇用保険受給者証、雇用保険被保険者離職票等の写しを添付してください。

※一部免除の方で、一部保険料を納付されなかった場合は、その期間は未納と同じ扱いとなります。
※将来満額の年金を受け取るために、10年間のうちに保険料を納付(追納)することができます。

学生納付特例

次のような学生は、申請により在学中の保険料の納付が猶予されます。

  • 大学(大学院)、短大、高等学校、専門学校、専修学校および各種学校など(昼・夜間部、定時制、通信制)の学生
  • 本人の前年1年間の所得が118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

※受給資格期間には算入されますが、受け取る年金額の対象となる期間には含まれません。将来、満額の年金を受け取るために10年間のうちに保険料を納付(追納)することができます。

納付猶予

50歳未満で本人と配偶者の前年の所得が一定額以下の場合、申請により保険料の納付が猶予されます

※受給資格期間には算入されますが、受け取る年金額の対象となる期間には含まれません。将来、満額の年金を受け取るために10年間のうちに保険料を納付(追納)することができます。

※平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月以降は50歳未満が納付猶予制度の対象となります。