鳥取県西伯郡南部町(とっとりけんさいはくぐんなんぶちょう)行政サイトは、町内の情報・行政情報・くらしの情報をお届けしています。

鳥取県西伯郡・南部町行政サイト

メニュー
RSS
文字サイズ
HOME福祉事務所障がい者福祉に関すること障がい者の手当等心身障がい者扶養共済制度

この情報は【総務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/総務課 TEL 0859-66-3112 FAX 0859-66-4806

この情報は【税務課】が担当しています。

法勝寺庁舎/税務課 TEL 0859-66-4802

この情報は【町民生活課】が担当しています。

法勝寺庁舎/町民生活課 TEL 0859-66-3114
天萬庁舎/町民生活課 TEL 0859-64-3781

この情報は【建設課】が担当しています。

法勝寺庁舎/建設課 TEL 0859-66-3115
法勝寺庁舎2F/地籍調査室 TEL 0859-36-8555

この情報は【上下水道室】が担当しています。

法勝寺庁舎/上下水道室 TEL 0859-66-4807

この情報は【企画政策課】が担当しています。

法勝寺庁舎/企画政策課 TEL 0859-66-3113

この情報は【議会事務局】が担当しています。

法勝寺庁舎/議会事務局 TEL 0859-66-4804

この情報は【出納室】が担当しています。

法勝寺庁舎/出納室 TEL 0859-66-4801

この情報は【選挙管理委員会】が担当しています。

法勝寺庁舎/選挙管理委員会 TEL 0859-66-3112

この情報は【産業課】が担当しています。

天萬庁舎/産業課 TEL 0859-64-3783

この情報は【農業委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/農業委員会事務局 TEL 0859-64-3792

この情報は【南部町公民館】が担当しています。

南部町公民館 TEL 0859-64-3782

この情報は【教育委員会事務局】が担当しています。

天萬庁舎/教育委員会事務局 TEL 0859-64-3787

この情報は【健康福祉課】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/健康福祉課 TEL 0859-66-5524 FAX 0859-66-5523

この情報は【福祉事務所】が担当しています。

健康管理センター「すこやか」/福祉事務所 TEL 0859-66-5522 FAX 0859-66-5523

心身障がい者扶養共済制度

障がいのある方を扶養している保護者に万一のこと(死亡・重度の障がい)があった場合、障がいのある方に年金が支払われる制度です。

扶養共済1

加入できる保護者の要件

 心身障がい児(者)を扶養している65歳未満の方で、特別の疾病や障がいのない方
(年齢は毎年の4月1日における年齢です。)

扶養共済2

障がいのある方の範囲

(1)身体障がい者 (※ 身体障がい者手帳(1~3級)をお持ちの方)
(2)知的障がい者
(3)精神または身体に永続的な障がいのある方(※ 上記(1)(2)と同程度の障がいと認められる方。)

扶養共済3

掛金額(一口あたり)

 

掛金月額(1口あたり)

平成20年度以降加入

加入時の年度の4月1日時点の年齢 35歳未満

9,300円

35歳以上40歳未満

11,400円

40歳以上45歳未満

14,300円

45歳以上50歳未満

17,300円

50歳以上55歳未満

18,800円

55歳以上60歳未満

20,700円

60歳以上65歳未満

23,300円


・年齢は毎年度の4月1日における年齢です。
・二口まで加入できます。
・掛金額は改訂されることがあります。
・掛金の免除・減免が受けられる場合があります。

※詳しくはすこやかまでお問い合わせください。

扶養共済4

支給額

加入者(保護者)が死亡または重度の障がいと認められた際に、障がいのある方に生涯にわたって支給されます。

一口加入の方 月額:2万円(年額24万円)
二口加入の方 月額:4万円(年額48万円)

扶養共済5

加入申請手続

(1)加入等申込書
(2)加入者告知書(※ 保護者の健康状態を告知する書類です。)
(3)住民票の写し(※ 保護者及び障がいのある方それぞれに必要です。)
(4)障がいの種類・程度を証明する書類
(※ 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳など。証明するものが何もない場合は、お問い合わせください。)
(5)印鑑
(6)年金管理者指定届書(※ 障がいのある方が年金を管理することが困難な場合のみ。)

扶養共済6

注意

次のようなときは速やかにご連絡ください。
(1)加入者が死亡又は重度障がいとなったとき
(2)障がいのある方が加入者より先に死亡したとき
(3)加入者が本制度から脱退するとき
(4)加入者が他の都道府県へ転出するとき
(5)加入者、障がいのある方、年金管理者の住所や名前が変わったとき
(6)年金管理者が死亡したとき又は年金管理者を指定したり、変更しようとするとき